美容師になりたい!専門学校がおすすめです

美容師免許が必要です

美容師になるためには美容師免許が必要です。美容師免許は国家試験に合格しないと取得できません。そして、美容師国家試験は美容学校を卒業していないと受験できません。従って、美容師になるためにはまず美容学校という専門学校に通う必要があります。なお、厚生労働大臣の認可を受けていなければ美容学校には当たりません。ビューティーカレッジなどと名乗っている学校は無認可の学校の可能性があります。こういった学校に通っても美容師国家試験の受験資格は得られませんので注意しましょう。

美容学校には3つの課程があります

美容学校には昼間課程、夜間課程、通信課程の3つのコースが用意されています。昼間課程は2年間通う必要があります。一般的な専門学校のイメージですね。夜間課程は一部の美容学校で行われています。授業は夕方から夜にかけて行われるので昼間働いている人でも通うことが可能です。期間は昼間課程同様2年のところが多いですが2年半となっている学校もあります。通信課程はレポートを提出して面接授業を受けることになります。期間は3年間です。通信課程は美容室に勤務している人が資格取得のために利用しているケースが多いです。

授業の内容はどうなっているの?

昼間課程も夜間課程も実習の時間が多くなっています。スキャルプトリートメントやカット、シャンプー、カラーリングなどの技術を学びます。さらに、着付けやメイク、エステティックの授業まであります。通信課程は基本的に美容室に勤務している人を対象にしているため実習の時間はそれほどありません。レポートは月1回程度提出します。働きながら学ばなければならないのでかなりの努力が必要ですが、通信課程を利用して美容師になった人もたくさんいますよ。

美容の専門学校は、将来、美容師やメイクアップアーティスト、スタイリストなどを目指す学生向けの学校です。